chapup

【嘘を見抜く】チャップアップのステマに惑わされないための4つの方法!

投稿日:

SNSやブログの普及により、今や日常的と言っていいほどに耳馴染みのある言葉となった「ステマ(ステルスマーケティング)」。

ステルスマーケティングは、消費者に宣伝とわからないように、さりげなく好印象を与える手法で、わざと良い口コミばかりを流したり、著名人にそれとなく使っていることをアピールさせるなど、商品の評価をこっそりあげるものです。

チャップアップにも、このステマは確実にあり、あまりの高評価の多さに逆に不信感を覚える人も少なくないと思います。

この記事を参考に、ステマにだまされず、きちんとしたチャップアップの情報を手に入れて、自分に必要な商品であるかを見極めましょう。

チャップアップに限らずステマはあちこちに蔓延っている

気づいていない人もたくさんいると思いますが、メディアやネット社会ではかなりの数のステマであふれています。

雑誌を読んでいると、いろんな商品が紹介されていますよね。あれは、人気商品だから掲載されるわけではなく、商品メーカーが広告費用をだして、出版社に掲載を依頼しているのです。

さらに最近では、芸能人のブログや人気のあるSNSアカウントなどに報酬を支払い、その人があたかもプライベートで使用しているかのような内容を書かせて、ファンやフォロワーの購買意欲を煽ると言う手法もかなり多くなっています。

このステマ手法は多くの有名企業も利用しており、チャップアップなどの育毛剤も例に漏れず、ステマサイトの口コミやレビューが多く存在しています。

ステマをしているから悪い商品とは限らない

ステマと聞くと印象が悪いですが、決して商品自体に効果がないと言うわけではありません。あくまでステマは「広告戦略」の1つ。

しかし、多くのステマでは、実際よりも効果があるような言い回しなどが多く、誇大広告を行なっているため、全て鵜呑みにしてはいけません。

育毛剤系のステマは特に注意が必要

例えば、チャップアップは「頭皮と髪の健康を保つ」ことが目的の育毛剤ですので、明らかに毛根がなくなった重度の薄毛には、ほとんど効果を示しません。

医療機関で処方される飲むタイプの医薬品は作用が強く、発毛促進力があるので、ツルツルの状態から回復する可能性もありますが、外用で医薬部外品のチャップアップでは、作用が緩やかなため、そこまでの効果は望めないのです。

つまり、「チャップアップで全くのツルツル状態から、フサフサに戻りました!」というような明らかに無理がある口コミサイトは、ステマの可能性がかなり高いです。

チャップアップのステマでよくみられる書き込みの特徴

チャップアップは人気の商品なので、特にステマのサイトや口コミが多くなりがちです。

よくありがちなステマの謳い文句や、特徴などを知っておくことによって、怪しいサイトや評価を選別することができますので、紹介しておきたいと思います。

ステマサイトを見抜くには、大まかに以下の4つを意識すると良いでしょう。

ステマサイトに使われがちな手法4パターン

①加工された薄毛写真の掲載

よく見かける使用前後の毛量の違いを並べた写真。

これは見慣れていないと見抜くのが難しいほど、フォトショップなどで巧妙に加工されていたり、わざとピントをぼかした加工にしていることが多いです。

わかりやすいものだと、表情や背景と頭部の位置関係や、頭の角度などが全く変わっていなかったりするのですが、頭頂部のみの写真で背景がギリギリまで切り取られていると、かなりわかり辛くなります。

全てが作り物だとは言い切れませんが、加工された写真が掲載されている事実もあるということを、頭の片隅に入れておいてください。

②分け目を変えて増えたように見せかける

美容院に行く方は「分け目が常に一緒だと、その部分の髪だけ痛むので、たまには変えた方が良いですよ。」なんてアドバイスされたことありませんか?

髪は流す方向やドライヤーの掛け方、セットの仕方で、痛んで弱った部分を隠したり、髪にコシがあるような立たせ方をしたりもできます。

それを利用して、薄い部分にあたかも髪が生えたような写真を掲載しているブログも。

明らかにビフォーの写真とアフターの写真で、分け目やセットが違う場合は、ステマを疑ったほうがいいでしょうね。

③「効果が出た」と書く割りに画像が付いていない

「効果がありました」「髪の毛が生えてきました」と記載しているのにもかかわらず、肝心の写真が載っていない場合もあります。

個人ブログなどの場合、特定されたくなくて載せていない可能性はありますが、商品を紹介する立場として、明確な違いを画像を使って説明しないというのは、無責任とも言えます。

また、画像を載せなくて良いのであれば、実際に使う必要もなく、「使って効果があったフリ」が出来てしまうので、こういった証拠の見えにくい口コミやレビューは、疑ったほうが良いでしょう。

④ライバル会社が低評価をする「逆ステマ」も

チャップアップの良い情報を流すステマサイトの他に、Yahoo!知恵袋などでライバル会社側と思われるアカウントが、わざとチャップアップの悪評を流している場面も見られます。

  • 質問したアカウントの取得日が当日で、他のことに関する質問をしていない。
  • 低評価な回答しかしておらず、回答日がアカウント取得日。

ライバル会社側の人間が、チャップアップの印象を落とすために、いわゆる「捨てアカ(捨てても良いアカウント)」をたくさん取得し、別人のフリをして良くない評判を次々に書きこむ行為です。

Yahoo!知恵袋に限らず、プロフィールが全く記入されていなかったり、他のことに関する活動がない場合は、そういった業者であると疑ったほうが良いでしょう。

チャップアップのステマ評価を見抜く方法【まとめ】

以上、ステマサイトや口コミにありがちな表現を、大きく4つに分けてご紹介しましたが、今まで見てきたサイトで心当たりはありませんでしたか?

もちろん実体験をありのまま伝えているサイトもありますが、自分のサイトからチャップアップが売れると報酬が入るため、過剰な表現や虚偽のデータを載せる人が多いのも事実です。

当サイトも、口コミサイトを運営している以上、チャップアップのメーカーから報酬が入ることもあり、それ自体を「ステマ」と捉えられる場合もあるかと思います。

当サイトでは、チャップアップを実際に使用した、購入者目線での口コミを心がけておりますが、それでも不安がある方は、比較的ステマが少なく厳しい意見も多い「2ch(現5ch)」の評価を見ながら、購入検討されることをお勧めします。

-chapup

Copyright© チャップアップ1年チャレンジ!自分の効果と他人の口コミを一挙公開! , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.